ママ活で成功できるプロフィールの書き方とは?意識しておくべき自己紹介文のテクニック

更新日:

ママ活 プロフィール

ママ活アプリを使ってママ活を成功させるには何よりプロフィールの書き方がとても大切です。

なぜかと言えば、プロフィールが良くなければそもそもあなたという存在に興味を持ってもらうことができないからです。

数あるママ活希望男子の中から、あなたをまず見つけてもらわなければスタートラインに立つことすらできないでしょう。

そこでこの記事では、ママ活を成功させるためのプロフィールの書き方、気をつけなければいけないことについて説明していきたいと思います。

ここをしっかりと押さえれば、プロフィールの段階で他のライバルに大きな差をつけることができるでしょう。

誠実さのアピールがママ活では最重要

誠実さのアピールがママ活では最重要

ママ活をしている女性の目に付くプロフィールを上手に書くためには、ママ活を希望している女性がどのような男性を求めているかについてしっかりと把握する必要があります。

果たして地位も名誉もある大人の女性が若い男性に求めることといえばなんでしょうか?

お金でしょうか?
それともルックスでしょうか?

いいえ、そのどれでもありません。

言うまでもなく成功した女性はお金をたくさん持っていますから、お金は一切求めていません。

また男性は見た目では無いことを身に染みて知っています。

ママ活を希望する女性が男性に求めること、それはずばり「誠実さ」です。

一緒にいるときに嘘偽りなく誠実に接してくれる男性であることをアピールするのが最も重要です。

さてその誠実さとはどのように演出することができるのでしょうか?

具体的に紹介しましょう。

誠実さをアピールするために、まず基本的に自己紹介文では必ず敬語を使います。

そして敬語を使って、

  • これまでの学生生活で頑張ってきたこと
  • どのような趣味や特技を持っているのか?
  • どんな人生観を持っているのか?
  • 大切なものはなんなのか?

について丁寧に記載します。

文章を端折ったりせず、訥々と素朴な文章を丁寧に記載しましょう。

丁寧な文章を作ることで、自然に真面目さがにじみ出るいい文章を作ることができます。

ママ活相手を探している男性の中には自己紹介文を適当に書いていたり、年上女性が見て不愉快な思いをする内容(チャラい)になっていることが少なくありません。

その一方できちんとした敬語で誰が見ても気持ちがよくなる文章を書ければ、他のライバルに大きな差をつけることができるのです。

どれだけチャラい見た目をしていたとしても、中身は真面目ではなかったとしても、自己紹介文はネットで出会うための最初の関門です。

ここで他の誰よりも丁寧で美しい文章を書くことで、あなたと言う個性を強烈にアピールすることができるのです。

ママ活を希望している男性はたくさんいますから、プロフィールの段階で誠実な部分をアピールできないとマッチングする事はまず難しいでしょう。

ママ活をしている女性はこれまでたくさんの男性と接してきて見る力が十分に肥えているため、誠実さに欠けると判断されるとその時点で相手にしてもらえなくなります。

お互いにメリットがあるママ活関係をアピールする

お互いにメリットがあるママ活関係をアピールする

誠実さをアピールするためにもう一つ大切なことがあります。

それはお互いにメリットがある関係をアピールすることです。

ママ活をする上で大切なのは、「自分が何をしてもらうか」より「相手の女性に何を与えられるか」です。

つまりあなたが金銭的な援助を受けるのに対し、それ以上に女性に何を与えられるかがとても大切なことです。

あなたに援助することで女性がどんなメリットがあるのか、しっかりと自己PRに含めるようにしましょう。

ここで秘密のキーワードが「お互い」です。

「お互い高められるような関係になればいいと思います」
「お互い心の拠り所のような安らぎに満ちた関係を目指しています」
「お互いに切磋琢磨して次の目標にチャレンジする大人の関係を考えています」

このように「お互い」と言うワードを入れることを意識すれば、女性に何を与えることができるのかしっかりと記載することができるはずです。

ママの母性本能をくすぐって応援したくなるように夢や目標を書く

ママの母性本能をくすぐって応援したくなるように夢や目標を書く

年上女性の母性本能をくすぐって、思わず応援したくなるような夢や目標を掲げるのはとても大切です。

女性は夢や目標をしっかりと思って努力している男性に心惹かれる習性があるからです。

一般的なネットの出会い系の場合、毎日の生活や趣味について詳しく書いたり、身長や体重等のルックスについてアピールしますよね。

「自分と付き合うとこんなに楽しいよ!」と必死にアピールして、それに魅力を感じる女性を募集しているわけです。

しかしママ活の場合、相手の女性が男性に求めるのはそのようなものではありません。

大人の女性に「夢に向かってチャレンジしているかわいい若者を応援してあげたい!」と思わせる必要があるのです。

さて、具体的にどのような内容が良いのでしょうか。

GOODな例を紹介しましょう。

「今、〇〇大学で△△を目指して勉強をがんばっています」
「将来プロのサッカー選手になれるようスポーツに力を入れています」
「人を感動させるミュージシャンを夢見てバンド活動に命を捧げています」

こういったひたむきな目標が、若者を応援したいと思う女性の胸を熱く打つのです。

これらに共通する内容は一体何でしょうか。

それはどんな目標であれ、それぞれ自分の置かれた立場から将来の夢に向かって走っているということです。

年上女性にいかに応援してもらえるのかと言うのが、ママ活女性を捕まえるための大きなポイントになるでしょう。

お金に執着したプロフィールは絶対NG

お金に執着したプロフィールは絶対NG

ママ活を希望している女性は、若い男性がお金を求めて近寄っている事は知っています。

お金を求める事は悪いことではありませんが、あまりにお金を前面に出しすぎたアピールをしてしまうとそれは逆効果になってしまいます。

女性は年下とは言え男性にある程度のスマートさを求めていますから、あまり露骨に金銭を要求する男性を見ると白けてしまうでしょう。

とあるマッチングサイトのママ活希望の掲示板を見てみると、男性の自己紹介文に、

  • 何時間のデートでいくら欲しい
  • 食事デートはこのようなレストランに連れて行って欲しい
  • デートすればこのぐらいの金額が欲しい
  • プレゼントにはブランド物のカバンが欲しい

など生々しいほどにわかりやすく金品を要求している人が時々います。

ママ活とパパ活は似ていますから、女性がそうやっておねだりしているのを見て自分も同じようするのが良いと思ったのかもしれませんね。

確かにママ活とパパ活はある程度似ている部分もありますが、全く異なるところもたくさんあります。

パパ割の場合は会った時から割り切りの関係が既に成立していて、男性が支払うお金と女性が与えるものがわかりやすく釣り合っています。

その一方で、ママ活の場合は、はじめの段階から割り切った関係を築こうとする女性はほとんどいません。

また女性は男性に比べてお金にシビアです。

出会ってから何度かデートを積み重ねてお互いのことを知り、そこで信頼関係ができお互い好意を持ってからようやく金銭が発生する関係がスタートするのです。

お金持ちの女性の場合、男性が自分のお金を目当てに近づいていることを気づいてしまうと、そこから信頼関係を築く事はまずありません。

つまり自分のプロフィールにお金の匂いを染みつけてしまうと、その段階で女性からは相手にされなくなってしまうのです。

「遊んでいる男」を思われるのはNG

「遊んでいる男」を思われるのはNG

経験豊富な年上女性と合わせるために「自分が遊び慣れている男性を演じる必要があるのではないか」と考えている男性もいるようです。

しかしそれは逆効果です。

自分が遊んでいる男のような女性から見て軽く見られるような自己紹介文にする事はNGです。

もし遊んでいるような雰囲気を漂わせてしまうと「ママ活=体の関係」と思っているように誤解されてしまうからです。

次のパートで説明しますが、ママ活を希望する女性が体の関係を求めている事はほとんどありません。

束の間の癒しを求めていることがほとんどです。

そのため「ママのニーズを理解した上で真剣にママ活女性を求めている」ことを伝えるために、自分が遊び人ではないことをしっかりと伝える必要があるのです。

大人の女性はあなたがどんな恋愛をしてきたかなんて気にしていませんし、今どんな交友関係にあるのかも興味ありません。

もし仮にあなたがこれまで遊んできたとしてもそれをプロフィールに書いてはいけません。

大人の女性はそれを見た瞬間、夢を応援する気力がなくなるどころか白けてしまうでしょう。

不要なことは一切表に出さない賢さが求められるのです。

肉体関係を匂わせるようなことはNG

肉体関係を匂わせるようなことはNG

ママ活を希望している女性は体の関係を期待していません。

ですから肉体関係を匂わせるようなプロフィールは避けた方が良いでしょう。

男女の関係ですから、はお互いの気持ちが盛り上がれば最終的に体の関係に発展することも珍しくありません。

しかし最初から体の関係ありきの文章を書くと、体目的のような軽い印象を与えてしまいますし、「この子、わかってないな」と門前払いを喰らってしまいます。

肉体関係を匂わせずにスマートなアピールを心がけましょう。

それだけでもかなりスマートなアピールになるはずです。

女性側に全てを合わせるように匂わせる

女性側に全てを合わせるように匂わせる

ママ活はお金や金品を提供してもらう男性よりも、お金を支払う女性の方が優位に立ちます。

当然ですね。

ですから自己紹介文はあくまでも「相手の女性に合わせますよ」と言ったことをやんわりと匂わせるのが理想的です。

こちらの都合や好みを一方的に押し付けるのではなく、

「時間も行く場所もあなたの都合に合わせて変更することができます」

と記載した方が好印象を与えることができるでしょう。

ママ活を実践するような若くて経験値の少ない男性は、ママ活をビジネスと認識できない方も多いと思います。

しかし女性からお金をもらっていると言う事は、相手の女性はビジネス相手であり、女性に合わせた関係を築くことが何より大切なことだと気づくはずです。

恋愛関係ではありませんから、ママ活をしていて男性側の都合が通る事はほとんどありません。

もしこの感覚をなく普通の男女のように対応してしまえば、相手の女性との信頼関係を築いていく事は難しいでしょう。

ママ活プロフィールの上手な書き方のまとめ

ママ活のママの目に留まるような自己アピール文の記載方法について詳しく具体的に紹介してきました。

ママに目を引いてもらうためのアピール文を完成させるためには、

  • 女性が純粋に応援したくなるような男性像を演じる事
  • 遊んでいるアピールをしないこと
  • 肉体関係を匂わせる事は一切書かないこと
  • お金を前面に出しすぎないこと
  • 女性の都合に全て合わせるようなスタンスを見せること

が大切です。

またプロフィールを記載するにあたり丁寧な文章を作成することを気をつければ、まずまずの合格点の文章が書けるはずです。

後は相手の女性の立場に立ってより推考した文章を書くことを心がければ、おのずとママ活女性の目に留まる素敵なアピール文章が完成するはずでしょう。

ママ活アプリ サイト

ママ活アプリ・サイトを使って最高のママを見つけよう!ママを募集する方法、やり方のコツ

続きを見る

おすすめ記事

月間人気記事

-アプリを使う方法とは

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめランキング2021【楽しい逆援助ライフ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

"意外と"ママ活したい女性が多い…
ワクワクメールはコチラから【18禁】