ママ活ができる男性の年齢っていくつまで?どのくらいの年代、世代までができる?

更新日:

ママ活 いくつまで

ママ活したいと思う男性で「ママ活ってやはり若い男の子出ないと出来ないのかな」と考えたことはないですか?

また、現在、既にママ活をしている男性でも「一体いくつまでできるのかな」と考えることもあるでしょう。

ママ活って何歳までできるのか、これはできれば知っておきたいですよね。

ママ活って何歳まで可能なの?

ママ活って何歳まで可能なの?

今のママ活は、若い男の子が年上の女性やキャリアウーマン、セレブの女性とお付き合いしてお小遣いをもらう、というタイプが最も多いです。

キャリアウーマンは、毎日の仕事で疲れているので、ママ活男性からの癒やしを求めています。

なので仕事の後1人で寂しく食事よりも、若い男の子と一緒に、と考えるものです。

またセレブの女性たちも、若い男の子と一緒に買い物やデートをして、リフレッシュしたいという気持ちがあってママ活をおこないます。

やはりママ活は若い男の子のほうが良いと考えてしまうのは無理ありません。

現在のママ活男子、10代から20代がメインになっています。

特に大学生の男子が、ママ活をしている年代ですね。

ということは、30歳を過ぎたらママ活は不可能なのでしょうか。

実は、ママ活に「何歳まで」という決まりはありません。

30代になっても40代になっても、ママ活をしている男性はいるのです。

ママの方も、「若い男の子と一緒は気分は良いけど、同年代の方が気が楽で良い」と考えている人も少なくないのです。

つまり、男性自身の年齢やタイプを好んでくれるママを探すことができれば、40代になってもママ活は可能なのです。

ママ活男子はママよりも年下が理想的と言われるけど

ママ活男子はママよりも年下が理想的と言われるけど

実際のところ、普段仕事している女性は、職場の男性は見飽きているという感があります。

いわゆるサラリーマンタイプの男性であれば「もう見るのも嫌」というキャリアウーマンもいるのです。

プライベートタイムを一緒に、でも後腐れなく過ごすのなら、若いママ活男子と軽い会話などしつつ、自分も若返るような気分を味わいたくなるものです。

またセレブの女性も、普段は家の付き合いで常にある程度の緊張を強いられますし、大体のお付き合いはかしこまってするものです。

なので若い男の子と、普段は交わせないような会話を楽しんだり、若い子の考え方にびっくりしたりするのが、リフレッシュにつながるのですね。

こういった女性たちの場合、実際年齢は若めのほうが好まれますし、それが常識とされています。

しかし30代の男性でも自分磨きを忘れずにしっかりとして、見た目がおじさんっぽくなければ、若い男性にはない知識や知性で、女性を楽しませることもできるのです。

若さはもちろん大きな武器ですが、それが未熟さに繋がることもあります。

特にキャリアの女性は自分磨きを忘れないタイプの女性たちです。

若いだけでは彼女たちは満足できない、ということも多いのです。

ママ活男性の年齢と見た目どちらが重要?

ママ活男性の年齢と見た目どちらが重要?

時々、電車の中で若い男の子たちがだらしなく座席に寄りかかって、そのままずり落ちそうな状態になっているのを見かけませんか。

若くて顔もいいのに残念ですよね。

でも逆に、ちょっと年はいっているけどピシッとした立ち姿や、顔の上げ方など見ていると、おじさん年代なのにやたら若く見える人もいます。

年齢だけでは測れない何かが、こうした部分に出るのです。

ママ活男子も同じことです。

20代の若い男子、洒落っ気もあるし顔もきれいでも、話し方や服の着こなし、食事の仕方や姿勢がだらしなければ、逆に年取って見えるものです。

30代のママ活男性でも、服の趣味がよくしかも姿勢良くきちんと着こなしていると、本来の年齢よりも若く見えますね。

つまり、年齢だけでは当人の魅力は決められないんです。

キャリアの女性もセレブの女性も、男性を見る目は肥えています。

年齢だけ若くても、見た目が若くなければそれを見抜いてしまうんです。

本当の見た目を、おしゃれだけでなく磨く必要があるのですよ。

年齢や見た目に自信がないといけない

年齢や見た目に自信がないといけない

ママ活男子の場合、自分にある程度の自信がなければ仕事はできません。

とは言っても、特に都心部のママ活男子の競争率は激しく、他の男子と比べて自信をなくすことだってあります。

となると、上等なママは見つけられないのでは、と不安になってしまうものですね。

そうした、自分への自信がイマイチのママ活男子、ママを選ぶ時にもこの不安がつきまとって、あまり綺麗なママだと釣り合わない、と思ってしまったりもします。

また、見た目のいいライバルたちがきっとすでにキレイ系のママをゲットしてしまっているだろうから、ママを選ぶ時にも綺麗すぎないママを、と考えたりもするのですね。

でもこれは正解とは言えません。

自分に自信が持てない、容姿とか年齢で自身がさほど持てないと、それだけで諦めてしまうのはいくらなんでも早計です。

それはママたちだって、最初はキレイ系の若い男子を見た目で選ぶかもしれません。

しかしその男子が実際はつまらないとわかったらどうでしょう。

一緒にいても話が下手、自分のことばかりしゃべる、エスコートも出来ないとなったら二度は誘いませんね。

年齢や容姿にいまいち自信が持てない男子こそ、自分磨きをしてください。

それが結果、長い付き合いのママゲットにつながるのです。

20代のママ活男子の需要は?

20代のママ活男子の需要は?

ママ活男子で最も多いのが、20代の男性です。

多くが学生で、お小遣いなどが足りなかったり、また家からの仕送りでは生活が苦しいなどの男子が多いですね。

この年代の男子、もちろん若くてそれだけでもママの興味を引きますが、特に将来の夢を持っている男子には、ママが応援したくなるものなのです。

昔風に言うと、パトローネになりたがるということですね。

しかし逆を言えばこの年代、非常にライバルが多いということでもあります。

かなりしっかりと、話術やマナーなど自分を磨かないと、ママはあっという間に離れてしまします。

加えて、ただ遊ぶお金欲しさになどの場合も、キャリアウーマンやセレブ女性には好まれません。

単に遊びたいだけの男子に、お金を使うなどということはしないからです。

ただ実際のところ、この年代の若い男子とデートなどというのは、年上の女性のプライドに満足感を与えることも確かです。

なので最も需要の多い年代、ということになるんですね。

本当にお金に困っている、将来の夢に向けてお金が必要等の場合、この年代の男子にはママ活という仕事、決して悪くはありません。

ひたすら自分を磨いて、良いママを見つけたいものです。

30代のママ活男性の需要は?

30代のママ活男性の需要は?

30代ともなると、男性の方も落ち着きが増してきます。

しかしその代わり、若さについては当人も自身がなくなってくるところですね。

昔だと30代、かなり大人という感じでしたが、某アイドルグループが30代を過ぎてもアイドルをやっていたあたりから、おじさんムードも払拭されてきました。

とは言え、ママ活に関してはやはり、結構年が行っているのは事実です。

しかしその分の知識や、話術など磨かれているはずですね。

この年代までの自分の生活で、自分磨きができていれば、ママ活だってそのまま継続することは可能です。

またもちろん、見た目を磨くことも重要です。

間違ってもお腹が出たりしないよう、ジムに通ったりして筋トレも必須ですね。

またおしゃれのセンスなども、これもママに呆れられないようにしっかりと磨いておくことも重要です。

ママと同年代だから話も通じやすい、でも見た目と雰囲気は若者、というちょっとトリックの効く年代です。

そのあたりを武器にすると、ママ活は30代でも余裕で行なえますね。

需要はもちろん20代のママ活男子よりも低いですが、その分ライバルも少ないということです。

40代のママ活男性の需要は?

40代のママ活男性の需要は?

さて30代でも難しくなるママ活、40代の男性の需要はあるのでしょうか。

これはある掲示板で女性たちが話していたことなのですが、どうせ付き合うなら40代くらいのいわゆる男のほうが、という女性が結構多いのです。

特に40代から50代の女性の場合、あまり若い子よりも少し成熟した、何だったら40代の男性の方がいいという意見が結構あったんですね。

なので40代でも、ママ活不可能ではありません。

ただ難易度は、非常に上がります。

この年代になるとおじさんムードは高まるので、それを消せるだけの努力が必須になりますね。

身体も心も頭も、鍛える必要があるということです。

ママの方もこの年代の男性ととなると、世界情勢くらいは知っているのが当たり前、という気持ちでいます。

見た目も重要ですが、世間一般の世界の情報などしっかりと頭に入れて、ママになにか相談された時にはすぐに答えられるような、そんな男性でありたいものですね。

正直この年代、ライバルはほとんどいません。

うまくママを選べれば、また自分をしっかりと磨いていれば、ママ活は不可能ではないのです。

ママ活が何歳までできるかのまとめ

ママ活が何歳までできるかのまとめ

正直なところ、ママ活は一生できるものではありません。

いつかは引退しなくてはなりませんし、若い男子の場合は将来の仕事に向けての途中ステップという感じで行っていきたいものです。

しかしママ活、これは自分さえしっかりしていれば、また十分に自分を磨いていれば、かなりの年令になってもそれなりに需要はあるものです。

ここまで、と決めつけず、でも引退時には爽やかに、ママ活ができることが最高ですね。

ママ活アプリ サイト

ママ活アプリ・サイトを使って最高のママを見つけよう!ママを募集する方法、やり方のコツ

続きを見る

おすすめ記事

月間人気記事

-実際にママ活する場合

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめランキング2021【楽しい逆援助ライフ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ママ活したい女性多数!
イククルはコチラから【18禁】