ママ活に向いている男性はどんな特徴がある?求められるために努力すべきこと

投稿日:

ママ活に向いている男性はどんな特徴がある?求められるために努力すべきこと

裕福な女性とお付き合いすることで男性が主に金銭的な援助をしてもらうママ活。

うまく相性の良い相手を見つけることができれば、美味しい収入源ともなりますが、やはりそれには向き不向きもあります。

どんな男性がママ活に向いているのか、その特徴などについて紹介します。

こんな男性がママ活に向いている

容姿、見た目が良い

まず何と言っても、容姿の優れた男性はママ活においてなかり有利と言えるでしょう。

男性が女性を見る場合でもそうですが、ママ活で男性に癒しや疑似恋愛を求める女性は、容姿を求める傾向も強くあります。

こればかりは才能という面も強いですが、それ以外にも清潔感に気を使っていたり、身だしなみをしっかりしているなど、一般的な好感を持たれやすい男性のタイプはママ活に向いていることは間違いないでしょう。

ママ活を仕事、ビジネスとして考えられる

男女の付き合いを基本的な形としてはいますが、ママ活は、好みの男性を求める女性が、その男性に対して金銭的援助をするという構造であり、その本質はあくまでビジネスです。

例えば、本心や感情的な部分をママ活に持ち込みすぎない男性は向いていると言えます。

またそうした意味だけでなく、良い意味でママに対して奉仕するという本質をもって、自然に行動できる男性は適性が高いと言えるでしょう。

人脈が広く、出会いの選択肢が多い

ママ活で重要になるのは、自分に合ったママとの出会いです。

その出会い方にも様々ありますが、もともとママ活をしていない時から出会いの場が好きだったり、親しい友人などに事欠かない男性は、かなりママ活に向いています。

これは良いママと出会いやすいというだけでなく、ママ活をしている中でもちょっとした出来事に対して知人のつてを使えたりすると、ママに喜ばれることもあります。

多くの仕事でもそうですが、様々な状況に対応できる人脈を持つ人物が強いというのはママ活でも変わりありません。

普段から女性にモテる

これは言うまでもないことですが、ママ活でママから求められているのは「異性」として魅力的な男性です。

普段は女性から全くモテないのに、ママ活は上手くいくといった都合のいいことはあまりなく、ママ活においてママとうまく付き合える男性というのは、やはり女性の扱いに慣れていてモテる男性です。

逆にそうした男性は、普段からあえて意識していなくても自然にモテてしまうということですね。

肩書きや資格などを持っている

肩書と言っても、ママ活の基本はママに対して男性が奉仕する形になるので、たとえば部長や常務といった肩書のことではありません。

そうした身分の高さを示すようなものはママにとっては逆に不都合であることも多く、敬遠されてしまうでしょう。

ここで言う肩書とは、例えばスポーツ選手とかモデル、何らかの実績があるなど、女性を喜ばせることのできるものです。

女性は、自分の連れている男性をアクセサリーのように考えることもあり、男性のスペックが高いほど嬉しいというのもあるのです。

マメな性格

ママ活が女性主導である以上、男性にはマメさが求められます。

特に連絡は大事で、ママ活と言っても必ずしも一対一だけで完結しているわけではなく、相手のママにも複数のお付き合いがある場合は少なくありません。

そうした状況で連絡が少なければ、いずれ疎遠になって忘れ去られてしまうこともあります。

ホストクラブなどにおいていわゆる営業と言われるものと同じで、マメに連絡を取ってママと繋がり続けられるスキルというのもママ活には大切なものです。

若い

これも容姿などと同様にシンプルですが、女性が金銭で男性と繋がる以上は、やはり男性に対して自分が思い通りにしたいという心理を持つママは多いです。

そうなると自分より若い男性が好まれるのも理解できると思います。

また単純に、若い男性がルックスや肉体面でも好きという女性も少なくないでしょう。

女性でもよく言われることですが、ママ活をする男性においても若さは武器であり、それだけでママ活ではアピールポイントの一つとなります。

前向きで向上心がある

ママ活にサービスという性質がある以上は、付き合いを続けているうちに徐々に進歩していくというのも大切なことです。

相手が何を求めているか察して、足りない部分があれば努力して補ってさらに相手に気に入られるという資質はママ活において大きな才能と言えるでしょう。

一般的にママ活を求める女性は若い男性の成長を見ることも好きなタイプが多く、実利だけでなく成長を見ること自体が好きという女性も少なくありません。

それだけに、向上心のある男性はママ活で好まれる傾向にあるのです。

ナンパをすることにも慣れている

ママ活の出会い方は様々ですが、多くは男性が女性に声をかけてエスコートすることからはじまるというのが基本と言えます。

そうした点で、男性が声をかけてエスコートすることに慣れているというのは大きなアドバンテージになります。

ナンパ自体は経験している男性も少なくないと思いますが、それを当たり前に自然にできるというのもママ活においては大切なことです。

一度ダメだったくらいでは挫けずに、またすぐに立ち直って次の女性に声をかけられるというくらいの方がママ活には向いているでしょう。

良いママ活をするために努力できることは?

容姿を磨けるだけ磨く

ここまでも触れてきたように、ママ活において男性の容姿はかなり大きな要素です。

特に出会いは第一印象が大切なので、一目でわかりやすい容姿を常に磨いておくことは基本とも言えることでしょう。

容姿はもちろん持って生まれた部分も大切ですが、それ以外にも清潔感やおしゃれさという点も大事です。

女性の多くは資質があるのに不潔だったりおしゃれに鈍感な男性よりも、少し資質は劣っていても、清潔でおしゃれに敏感な男性の方を好む傾向にあります。

結果も大事ですが、容姿に努力できるというのも女性にとってはアピールできるポイントです。

女性の扱いに上手くなる

容姿と並んで重要なのが相手の女性をエスコートする能力です。

基本的なマナーはもちろん、さりげなく重いものを持ってあげたり、危険からママを遠ざけるなどの紳士的な行動は一緒にいる女性からとても喜ばれます。

女性の扱いにも性格的な面は関わってきますが、容姿に比べても努力できる幅の大きい部分です。

マナーや女性の扱いについては本も多く出版されており、ネットでも調べることができるので、積極的に学んで実践できるようにしておくと良いでしょう。

社交性を磨きあげる

マナーや女性の扱いにも通じていくものですが、女性をエスコートする男性にとって社交性も重要なものです。

そもそもがママ活は女性に奉仕するものであるため、男性の方が社交性が低く、女性の後ろに隠れているようでは意味がありません。

立場的には女性の方が上であることがほとんどなので、女性の後ろについていくことは珍しくありませんが、その上で、紹介された人と堂々と付き合えることなどは大切でしょう。

またママとの出会いについても積極的でなければ実るものも実りません。

社交性もママ活において磨いておいて損のないものだと言えます。

まとめ

ママ活は男性が女性とお付き合いして報酬を得るというその性質上、男性も相応の資質を備えている必要があります。

しかしそれは持って生まれたものだけに限らず、努力によって埋められるものも多く、逆に才能だけでうまくいくものでもありません。

向き不向きはもちろんありますが、どこか自分に向いていると思える部分があったなら、それを追求してみるのもいいかもしれませんね。

おすすめ記事

月間人気記事

-上手なやり方・すすめ方

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめ厳選比較2022【ランキングや相場で最適な逆援助ライフ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

新規登録で最大1000円分pt貰える
Jメールはコチラから【18禁】