京都府でママ活(逆援交)のやり方とは?相場、おすすめの出会い系アプリ・サイト紹介

更新日:

京都 ママ活

京都の女性は上品なイメージがありますし、京都にいる女性はママ活なんて絶対にしない、なんて思っていませんか?

この記事を読んでいる男性の中には、京都に住んでいてママ活に興味があるものの京都の女性はママ活の対象にはならないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

しかしそんな事はありません。

ママ活は京都でも非常に人気があるのです。

ここでは、京都でママ活を楽しく成功させる方法について詳しく紹介したいと思います。

京都でママ活ってできるの?どうやってやるの?

京都でママ活を成功させるためには、ママと出会うことがファーストステップです。

ママと出会うためには、出会い系サイトやアプリを利用するようにしましょう。

無事にママとマッチングが完了すると、日程を合わせてデートにいきましょう。

相手の女性を満足させることができればお手当をもらうことができ、ママ活完了となります。

ママ活をする上で意識したいポイントは2つ

  • 相手の女性を癒すこと(楽しませること)
  • かわいい男性を演じること

です。

ママ活を希望する女性は社会的な地位があり、お金を持っている一方、常に気が張っていて癒されることがありません。

そんな女性を日頃のストレスからいかに解放してリラックスしてもらうか、というのがママ活男性に求められる最低限のスキルです。

また、お金持ち女性は夢に向かって必死に頑張っている年下男性に母性本能をくすぐられる傾向にありますから、頑張っている姿を上手にアピールすることもママ活を成功させる秘訣になるのです。

ママ活の相場ってどのくらい?京都のママ活相場を知ろう

ママ活の相場はパパ活と比べると非常に安いのが特徴です。

もしあなたがパパ活の話を聞いて、「同じことを女性にすれば良んだな」と思っているのであれば、いますぐその考えは改めた方が良いでしょう。

果たしてなぜママ活の相場は安いのでしょうか? 

それはこのような理由があると言われています。

ママ活を希望する女性は少ない

ママ活を希望する女性の数はパパ活したいと思っている数より、絶対的に少ない事は間違いありません。

つまりお金持ちの男性は大金を支払って若い女性とデートすることを希望しますが、お金持ちの女性はお金を払って男性とデートしたいと思うことが少ないのです。

男性は若い女性と会うためにどんどんアクティブに活動しますが、女性は若い男性と会うために積極的に行動する事は少なめです。

お金持ちの割合は女性より男性の方が多い

また単純に、まだまだ日本のお金持ちは女性よりも男性に多いことも関係しているのでしょう。

男性は若い女性と会うためにどんどんアクティブに活動しますが、女性は若い男性と会うために積極的に行動する事は少なめです。

男性は見栄を張る生き物である

男性は若い女性に見栄を張るためにカッコつけてたくさんのお金を支払います。

銀行や消費者金融からお金を借りてでも見栄を張るために女性に貢ぐ男性もいますよね。

しかし女性の多くは現実的で堅実であり、下らない見栄を張るためにお金を払う事はあまりありません。

時々男性に貢いだりホストで豪遊する女性もいますが、それは男性に見栄を張るためではなくその男性にお金を払う価値があると信じている場合だけです。

こういった理由により一般的なママ活の相場はパパ活と比べて圧倒的に低いのです。

京都ママ活の相場は?

顔合わせ 3,000円程度
食事のみ 5,000円~15,000円程度
一日デート 10,000円~20,000円程度

パパ活の場合ほとんどは体の関係が伴いますが、ママ活の場合、基本的に体の関係はありません。

と言うのも、お金持ちの女性は性的な繋がりよりも精神的な繋がりを求める傾向があり、若い男性と楽しい時間を過ごしたいと考えることがほとんどだからです。

女性とセックスをしてお小遣いをたくさんもらうと言うのはなかなか難しいでしょう。

しかし、例外もあります。

女性の中には圧倒的なお金持ちもいますし、若い男性とデートをしたりセックスを楽しみたいと思っている人もいると言うことです。

そういった女性と巡り会うことができて良い関係を築くことができれば、ママ活で十分に稼ぐ事は不可能では無いのです。

京都府で素敵なママを見つける/探せる出会い系アプリは?

京都で素敵なママと出会うための出会い系サイトやアプリについて紹介したいと思います。

SILK

SILKは2018年にサービスをスタートした新しいアプリであり、ママ活に特化しているというのが他のアプリと違うポイントです。

つまり登録している女性はママ活を希望している女性しかいないため、「マッチングする=ママ活のスタート」になるわけです。

一般的なアプリの場合、マッチングしたら即ママ活とはいかず、そこから条件の交渉が必要になります。

当然、ママ活ではなく普通の出会いを求めている女性もたくさんいるわけで、マッチングした中からママ活だけに絞っていくのはなかなか手間です。

その点、SILKは圧倒的に話が早く、この便利さに慣れてしまうと他のアプリを使うのが面倒くさくなるほどです。

ただしこのSILKですが、登録できる男性は大学生だけというのがウィークポイントです。

身分を偽って登録しようにも大学のメールアドレスを利用して登録しなければいけないので、アカウントを偽造する事はできません。

もしあなたが大学生ならSILKが圧倒的におすすめです。

Jメール

ママ活を楽しんでいるカップルが必ずと言って利用していたというのはこのJメールです。

Jメールは老舗出会い系アプリの草分け的存在であり、たくさんの女性が登録しています。

中でも掲示板の「誘い飯」には、食事だけの関係を求めている女性がたくさん書き込みをしています。

ママ活希望の女性は大抵この掲示板に出没しているため、ママ活世代の年上の女性、つまり30代から40代の女性とマッチすることができれば、ほぼママ活をすることができます。

堅実な女性ですが、年下男性とマッチングしたという事はママ活目的だと考えても間違い無いでしょう。

効率良くママを見つけるためには、こういった掲示板を上手に利用することがポイントです。

ワクワクメール

出会い系マッチングアプリといえば、ワクワクメールを外す事はできませんね。

こちらもJメールと同様に老舗のマッチングアプリですが、登録会員数が圧倒的に多いのが特徴です。

登録してる人が多いという事はそれだけ出会いのチャンスが多いという事ですから、絶対に抑えておきたいですよね。

最近マッチングアプリではママ活募集を禁止しているサイトもありますが、当然ワクワクメールではそのような事はありません。

京都男子必見!ママ活で行きたいデートスポット

京都嵐山オルゴール博物館

京都の超有名な観光スポット嵐山にあるオルゴールの博物館です。

このオルゴール博物館ではアンティークから新しいものまで、色々なオルゴールを堪能することができます。

オルゴールの優しい音色を聞けば、忙しいママも日頃のストレスからも解放されリラックスできるでしょう。

瓢亭

解析や京料理を楽しむことができる隠れ家的なレストランです。

創業450年もの歴史があり、いかにも「京都」といった和風の建物も非常に魅力的です。

料理の味はもちろんですが、伝統はあるおもてなしの心に癒されること間違いなし。

店内は細部にわたり一流の雰囲気が漂っており、目や舌の肥えたママでも充分に満足できるでしょう。

ともえ

リッチなママとのデートに、美味しいふぐ料理なんていかがでしょうか。

あっさりとしながらも旨味の深いふぐは、おいしいものを食べ慣れたママも大満足。

優しい味付けは「脂っこいものはちょっと」という上品な女性にも大人気です。

こちらのお店は完全予約制となっているため、事前予約が必要です。

日頃からVIP対応に慣れたママでも、年下男性のあなたが予約をとってエスコートする健気な姿を見てもっとあなたに夢中になるはずです。

京都府のママ活のまとめ

京都の女性は上品でママ活なんて絶対にしないと思いがちですが、そんな事はありません。

どこに住んでいる女性であっても、夢に向かって頑張っている年下男性は魅力的であり、積極的に援助してあげたいと母性本能をくすぐられるのです。

なお、ママ活でお手当てをもらいたいと思うのは当然のことですが、あまり金銭欲しさをを前面に出しすぎるとうまくいきません。

相手の女性を癒すことを頑張りつつ、おまけでお手当てがもらえるといいな、くらいの感覚で接してあげること、これが長い目で見てママ活を成功させる秘訣になるのです。

京都府公式ホームページ

京都府の市町村

  • 京都市
  • 福知山市
  • 舞鶴市
  • 綾部市
  • 宇治市
  • 宮津市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 京丹後市
  • 南丹市
  • 木津川市
  • 大山崎町
  • 久御山町
  • 井手町
  • 宇治田原町
  • 笠置町
  • 和束町
  • 精華町
  • 南山城村
  • 京丹波町
  • 伊根町
  • 与謝野町

近畿地方でママ活

-都道府県別のママ活

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめランキング2021【楽しい逆援助ライフ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ママ活したい女性多数!
イククルはコチラから【18禁】