ママ活の相場はどのくらい?ママからのお小遣い、報酬アップの方法はある?

更新日:

ママ活 相場

「ママ活のお小遣、報酬っていくら位もらえるんだろう」

ママ活初心者としては最も気になるところですね。

そしてできれば、少しでも多く稼ぎたいというのも、これは本音というものです。

ここではママ活の現在の大体の相場、そしてママにできるだけ多くのお小遣いをもらうテクニックなど、紹介していきましょう。

ママ活の相場はどの程度?

ママ活の相場はどの程度?

デート 3,000円~5,000円
ディナーデート 5,000円~10,000円

ママ活は決まった金額があるわけではありません。

しかし大体の目安というのは、それなりにできてきています。

平均的には、短い時間のデートつまりカフェでのお茶に付き合ったり、1時間程度の買い物に付き合う場合、大体3,000円から5,000円程度が相場です。

また時間の長めのデートとか、ディナーのお付き合いの場合は5,000円から10,000円が相場と言われています。

つまり、1時間のお付き合いで3,000円から5,000円と見るのが、現在のママ活の相場です。

しかしこれも一概に全部こう言ったもの、とは限りません。

早い話が、ママの懐具合の問題もあります。

またママが楽しい時間を過ごせたかどうか、気持ちよく遊ぶことができたかどうかで変化していきます。

つまりは、ママ次第で金額はかなり変化するということです。

1時間で3000円から5000円程度というのは、あくまでも大体の目安であるということを憶えておいてください。

まあママ活ベテランの女性は、そのあたりはよく心得ていますので心配ありません。

でもご機嫌次第では、次の声がかからなくなることもるので、注意しましょう。

また加えて地域差というものもありますね。

東京都内でのママ活と、地方都市でのママ活になると、ママのお財布のサイズもまたライバルの数も違ってきます。

地方都市の場合残念なことに、裕福なママの数というのは、特にキャリアママは都心よりも少ないというのは事実です。

しかし地方都市の場合、ママ活男子の数もまた少ないのです。

ライバルが少なめということですね。

都心だとお金持ちのママの数自体が多いので、結構お小遣いもポンとくれることが多いのですが、ライバルも多いのでかなりママ争奪戦も激しくなります。

地方だと複数のママと付き合ってお小遣いをもらう可能性も大きくなりますが、都心だとママ争奪戦も多く1人のママを確保するにもけっこう大変です。

最終的に稼げる金額は、拮抗していると見ていいでしょう。

ママ活の場合は金額の交渉するもの?

ママ活の場合は金額の交渉するもの?

パパ活の場合、最初にお手当を交渉してそれからお付き合い、ということが多いです。

ママ活も同じかな、と思いますよね。

もちろん交渉することはできますが、あまりこれはおすすめできないのです。

女性の神経は繊細なので「お金目当て」と思われたら最後、機嫌を損ねることもあるからです。

金額についてはあくまでも、ママに最終決定権があると心得てください。

実際にママ活している男子に聞いてみると、金額についてはママに任せているという人が多いのです。

封筒に入れて用意する、などということはあまりなくスマートに渡されることが多いと言います。

例えば、2人で食事して1万1,000円だったとしましょう。

ママが2万円出して「お釣りはとっておきなさい」などと言ってくれるそうです。

もしくは、お金を渡されて支払いを任されて、その後、そのお釣りはあなたのものよ、などと言う感じで渡してくれる女性が多いと言います。

最初にいくらと交渉して、お金を封筒に入れて渡されるなどと言うよりも、スマートな渡し方を心得ている女性というのは、素敵なものです。

ママ活男子の方もそのあたりを心得て、無理に金額交渉などしないことをおすすめしたいですね。

ママ活でお小遣いを値上げしてもらいたい場合はどうするの?

ママ活でお小遣いを値上げしてもらいたい場合はどうするの?

でもできれば、多めにもらいたいなと思うことだってあります。

実際に生活費に困ってのママ活の場合、少しでも多くのお金を手に入れたいと思うのは当然のことです。

でもせっかくママといい感じになってきたのに「お手当を上げてほしい」と声に出して言ったら、ママの機嫌を損ねてしまうかもしれません。

そんな時には真実から出た話を、会話の中に混ぜておくのがおすすめです。

大学生なら「今の授業で必要な参考書があるんですが…」、「海外からの輸入になるのでちょっと高いんですよ…」などと言ってみるのもありですね。

ママとしては、学業で使うお金などは支援してあげたいと思うものです。

特に、こうしたママ活をする女性の場合、若い男子を応援したいという人も少なくないのです。

学生でなくなにかの起業をしたくてママ活をなどという男子の場合、「ここまではたどり着きました。ママのおかげです」と切り出してみましょう。

ママとしては、その先に行くのにお金が必要ではないかと直接聞いてくることもありますし、また、いつもより多めに報酬を渡してくれることもあります。

ママに、この子を応援したいと思わせるのが、報酬アップへの近道です。

でもこれ完全に嘘を言うのはやめてくださいね。

ママたちは人間関系に目が肥えている、キャリアやセレブの女性です。

真実が入っているのか、100%嘘なのか見破ってきますよ。

そのあたり、注意しておくこと憶えておいてください。

ママ活で相場以上を稼ぐためのテクニックってある?

ママ活で相場以上を稼ぐためのテクニックってある?

ママを女性として扱う

女性というもの、何歳になっても女性として扱われたいという願望があるものです。

普段はバリバリ仕事しているキャリア女性も、胸の中にそう言った気持ちを秘めているものです。

だからといって特別なことをする必要はありません。

しっかりとママを「女性として見て扱う」ということです。

セクハラになってしまうかも、などと考えずに、ママとのデートの時には徹底してママを女性にしてあげてください。

普段は企業戦士のママも、セレブの付き合いに疲れたママも、1人の女性として大事に扱われる非日常の時間、それがママ活です。

それを実行できれば、相場は自然に上がっていくというものです。

応援される男性であれ

学生はもちろん、すでに卒業している若者でも応援されるような男性であること。

これママ活では大事です。

学業に対することでも、起業とか仕事に対してでも、またそれこそ現在の生活のためだとしても、一生懸命になっているママ活男性はママの心を打ちます。

そんな応援されることのできる男性であることが大事です。

ママの母性本能も、これにはイチコロですね。

ママがもしアドバイスをくれた場合、ありがたく聞いておきましょう。

素直なところを見せれば、好感度もアップです。

ママを楽しませることを第一に

ママと言ってももちろん、タイプは様々です。

楽しいと思うこともまた、ママによって違います。

なのでその日に付き合うママの趣味や好きなこと、食事の好みなどもきちんと把握しておきたいですね。

そして時には、男性側からそのママの好みに合うようなデートを演出することも必要です。

もちろん決定権はママにあるんですが、「もし良かったらなんですが、きっとママに気に入ってもらえると思ったんで」と切り出してみてください。

食事にしてもデートスポットにしても、普段ママが行かないような場所で、でもママの好みにフィットするところなら、ママは大喜びしてくれます。

また時には、邪魔にならないようなちょっとした贈り物など、ママに「これ気に入ってもらえれば」という感じで渡してみてください。

サプライズにママも嬉しい気持ちは押さえられませんよ。

ただ後に残るもの、アクセサリーとかはおすすめできません。

ママの好みのお花とか、時には用意してあげましょう。

ママ活の相場のまとめ

ママ活の相場のまとめ

現在のところママ活、これと言った相場の決まりはありません。

大体の目安が情報として流れている程度です。

ママ活の相場はママ活男性次第で大きく変化します。

ママを楽しませることができて、しかも応援したくなるような未来を見据えておるような男子なら、ママもお財布の紐を緩めてくるというものです。

まだまだママ活はこれからのものですので、自分が相場を作るくらいの気概を持って行ってください。

そして、あくまでもママが全てを握っているということ、これを忘れないようにしたいですね。

ママの気持ち次第でお小遣いの額が変化するのは、これは当然です。

でもその気持を上向きにさせることができるのは、ママ活男性次第なのです。

自分磨きを、見た目も中身も怠り無く、また付き合っているママの趣味などもよく心得て対していけば、現在の相場を越えて稼ぐことも可能なのです。

-アプリを使う方法とは

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめランキング2021【楽しい逆援助ライフ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ママ活したい女性多数!
イククルはコチラから【18禁】