経営者とママ活する方法、やり方。女性社長と出会う方法、メリット、デメリット。

更新日:

経営者とママ活する方法、やり方。女性社長と出会う方法、メリット、デメリット。

ママ活していると、男性は一定の収入が得られますが、ママが経営者であれば、その他の多大なメリットがあります。

ここでは、経営者の女性とママ活することについて紹介します。

ママ活募集のやり方、始め方、仕方。初心者はマッチングサービスで探す方が効果的

【ママ活募集のやり方】初心者はマッチングサービスで探す方が効果的

続きを見る

ママ活で経営者の女性と出会うには?

ホストクラブで働きながら出会う

経営者の女性と出会えて、なおかつママ活と結びつきやすいといえば、まずはホストクラブで働くということが挙げられます。

もともと、ホストクラブはお金に余裕のある女性が利用するもので、その中には経営者も多くいます。

男性からサービスを受けて女性から金銭を受ける、という構図はママ活とほぼ同じであり、実際、経済的援助を受けているホストも少なくなく、ママ活に発展しやすい職業だと言えます。

ただ、ホストとして安定して仕事ができるまで相応の努力と時間は必要で、ママ活が目的でホストを選ぶとなるとあまり効率は良くないでしょう。

バーなどでナンパをして出会う

あまり時間をかけず、自然に出会えることを求めるならばバーやクラブなどで経営者の女性と出会う方法もあります。

こうしたお店は料金面などで客層も変わるので、高級志向のお店であれば、より経営者と出会える確率は高くなるでしょう。

ただし、当然ナンパのスキルは必要で、しかも若い男性がこうしたお店で年上の女性を誘うということは、相手側からしても目的は見透かされているので、それを理解した上で上手く口説けなければなりません。

また良いママを見つけるためには飲み代など投資が必要となる点にも注意しましょう。

知人に紹介をしてもらって出会う

もし富裕層と繋がりのある知人がいるならば、そうした相手に経営者の女性を紹介してもらうというのも一つの方法です。

知人の紹介による最大のメリットは、紹介してもらえる相手の信頼性が高いということでしょう。

もちろん、その知人の信頼性も高いことが前提になりますが、知人の紹介であるならばそこまで危ない相手を紹介される心配もありません。

また、あらかじめママ活目的であることをある程度理解されているならば、交渉もスムーズに行きやすいでしょう。

マッチングアプリで出会う

上記のような方法は現状では難しそうであるならば、マッチングアプリを利用するというのもおすすめです。

マッチングアプリのメリットははじめから目的が合致している相手を探せるので、ママ活に気がない女性相手にコストをかける必要がないという点です。

また、条件面も最初から提示されているのでミスマッチが起こりにくく、効率良くママ活の相手を見つけられるでしょう。

相手も最初からそのつもりなので経営者ならばそう名乗っていることも多く、経営者と出会いやすい方法だと言えます。

ママ活アプリ サイト

ママ活アプリ・サイトおすすめ厳選比較2022【ランキングや相場で最適な逆援助ライフ】

続きを見る

経営者の女性とママ活をするメリット

太ママになる可能性がある

「太ママ」とは、お金の支払いが良かったり、対応もよく付き合いやすいなど、男性にとっての良いママであることを言います。

経営者であれば経済力があることは間違いなく、太ママになることをかなり期待できます。

ママ活をする女性は一般的には裕福であることがほとんどですが、中にはそれほど経済的には余裕がないのに無理をしていたり、見栄で裕福に見せている女性もいないわけではありません。

しかし最初から経営者を相手にしていればそういった心配は少なく、太ママになる可能性は高いでしょう。

ママ活での太ママとはどういった女性?太ママと出会う方法、気に入られるやり方

ママ活での太ママとはどういった女性?太ママと出会う方法、気に入られるやり方

続きを見る

人脈が広がる可能性がある

経営者であれば日頃から様々な世界で、様々な人と繋がりがあって、広い人脈を持っています。

そのため、各分野で活動する優秀な人物や、同業の経営者などもママ活をしていれば紹介してもらえる機会があるかもしれません。

そうした人と知り合うことで見聞が広がるだけでなく、その中でまた新しいママと出会える可能性もあるでしょう。

自分の本業のステップアップに繋がることもあるかもしれませんし、多くの新しい出会いを期待することができます。

社会勉強になることも多い

ママ活をする若い男性にとってはまだ社会には知らないことも多く、ママ活をすることで初めて知るようなことも少なくないかもしれません。

まして相手が経営者であるならば、多くのママ活をする男性にとっては経験のない仕事の話などを聞く機会も多いでしょう。

富裕層での付き合いや、社会の裏事情や仕組み、また高級店の使い方やマナーなどを学べることもあります。

そうした勉強は単純に知識としても楽しいものですが、これからの人生においても生かしていけることが数多くあるのではないでしょうか。

経営者の女性とママ活するデメリット

男性側にもある程度の資質が必要

もちろん経営者の女性と出会えたからと言って、誰もがそのままスムーズにママ活をはじめられるわけではありません。

経営者の女性にとっても当然、満足を得るためにママ活をしているので、男性にもお金を払うだけの価値を求めます。

それは容姿などを筆頭に、性格や気遣い、知性など、ママによって求めるものは様々です。

そうした条件をしっかりとクリアしていなければ経営者の女性から相手にされないでしょう。

ママのスケジュールに合わせる必要がある

経営者の場合、いわゆる定時ということはまず存在していません。

日頃の仕事はもちろんのこと、交渉事や会食なども日常的にあるためスケジュールはかなり不規則です。

その中でママ活をするということは、かなりの深夜や突然の昼間など、決まった時間に会えるということは少なく、ママ活自体も不規則になる可能性があります。

またちょっとの空いた時間に呼び出されることもあるなど、自分自身の生活がママに合わせて不規則になってしまうかもしれません。

経営者の女性とのママ活のまとめ

ママ活をするならば経済的に余裕があり、学べることも多い経営者の女性とお付き合いすることには様々なメリットがあります。

しかし一方で、求められる条件や付き合う上でハードになる可能性もあり、その点も十分に注意する必要があります。

そうしたことを踏まえた上で、気になる方は経営者の女性とのママ活を考えてみましょう。

おすすめ記事

月間人気記事

-上手なやり方・すすめ方

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめ厳選比較2022【ランキングや相場で最適な逆援助ライフ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

新規登録で最大1000円分pt貰える
Jメールはコチラから【18禁】