人妻と楽しいママ活するには。人妻の心の隙間を埋められる男性になろう

更新日:

ママ活で人気の女性のジャンルと言えば、「人妻」です。

日本には「隣の芝は青く見える」といったことわざがあります。

その意味は「自分のものではない、他人のものの方が魅力的に見える」というものです。

自分の手元にある食べ物や洋服よりも、同じでも他人のものの方が良く見えることは、誰でも経験がある思います。

これは人妻にも同じことが当てはまります。

つまり、既婚者である人妻は、既にどこかの男性のものとなっているので、そういった人妻が魅力的に見えるということです。

では、そういった人妻とどうすれば楽しいママ活ができるのでしょうか。

どのようなママ活が人妻には効果的なのか

人妻は普段の家庭では、「女性」ではなく「母」である場合が多いです。

そこで人妻相手にママ活する場合、一人の女性として接するように強く意識して下さい。

具体的には「毎日、家事に育児に大変だね、体の調子大丈夫?」、「毎日朝早くから動いて偉いね」、「今日も一日お疲れ様」というように、一人の女性として、日々働いていることを労ってあげましょう。

この「労いの言葉」をかけてあげることが一番簡単であり、効果的です。

普段の家事は、女性が当たり前にやっているので、労いの言葉一つ、掛けられていない家庭は多いです。

その言葉一つで、印象は大きく変わってきます。

実際に会って、デートすることになれば、常に「レディファースト」を強く意識しましょう。

「この人は、私を一人の女性として接してくれる…。」

人妻は、こういった感覚を久しく体験していません。だから、そうできる男性に魅力を感じやすく、結果、ママ活関係に発展しやすいのです。

心の隙間を埋めてほしくてママ活する人妻

ママ活アプリやサイトには、人妻もかなり利用していて、日々、相手探しをしています。

結婚して、夫や子供に囲まれ、幸せな毎日を過ごしていると想像できますが、心に隙間がある人妻は意外と多いです。

恋人から夫婦の関係に変わり、トキメキが無くなってしまった

恋人時代は、彼がやる事全てにときめいていましたよね。

彼から連絡が来るだけで心が躍ったり、些細なものでも彼がプレゼントを用意してくれたら嬉しくなったり。

どんな小さな事でも、彼がしてくれたことに心がときめいていたと思います。

しかし、結婚して恋人から夫婦という関係になると、それは変わってしまいます。

恋人の時は見えなかった夫の本当の姿を見る事になるし、最初は良く見えた夫の癖や生活習慣にも苛立つ事もあります。

言うならば、「恋人=夢の時間、夫婦=現実」なんですね。

当然、夢の時間だった恋人時代に比べ、トキメキは減ってしまいますよね。

しかし、女性はトキメキを求めるものです。

カッコいい男性や好みの相手を見て、常にトキメキを感じていたい。

夫では感じられなくなったトキメキを求めて、人妻がお金を払ってまでママ活をするのです。

女性ではなく母親として見られるようになった

子供が生まれると、夫婦の関係はさらに変わります。

夫と妻、ではなく、父親と母親という関係になります。

また、お互いの呼び方も、今までは名前だったのに「パパ」、「ママ」に変わる夫婦もいます。

夫も、妻ではなく子供の母親として、妻を見てしまいます。

それは、妻側にも同じことが言えます。

今まで二人だけの時間が多かったのに、子供と過ごす時間が増えていき、逆に二人だけの時間が減って、「妻」から「母親」へと見方が変わってしまいます。

その結果、妻を女性として見る事は減り、ほぼ平行して、夜の生活が減ってきたりします。

妻は「女性として自分は求められているのか?」と思うようになり、ママ活へと向かっていくのです。

女性は、常に男性に求められたい、魅力的に見られたいと、内に秘めた気持ちがあります。

「男性に求められる=自分は魅力的」であるという事なので、「まだ自分は女性としては終わっていない」、「女性として男性に求められたい」と思って、人妻はママ活交に走るのです。

心の隙間がある人妻がママ活に走る

このように「トキメキが欲しい」、「女性として見られたい」と思う気持ちが強いから、人妻はママ活相手を募集したり、探したりします。

どんなに幸せな家族を持つ人妻でも、夫が素敵な男性でも、人妻は必ず何かしらの不満や寂しさを抱えています。

そういった人妻は、頭と心ではいけないとわかっていても、心の隙間を埋めるため、行動に移すのです。

だからママ活は男女にとって、ウィンウィンの関係なのです。

おすすめ記事

月間人気記事

-相手のタイプ別攻略方法

Copyright© ママ活アプリ・サイトおすすめランキング2021【楽しい逆援助ライフ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

"意外と"ママ活したい女性が多い…
ワクワクメールはコチラから【18禁】