ママ活は逆援交と同じ?掲示板サイトを使ったママ活のやり方や出会う方法

      2018/07/18

ワクワクメール


ワクワクメール

700万人以上が使うマッチングサービス、ワクワクメール。新規登録者にサービスポイント1200円分もらえるがとてもうれしい。余裕を持って、じっくり相手探しができます。登録者は毎日1600人以上。だから、常に新鮮な気持ちで臨めます。

ママ活とは?

ママ活とは、簡単にいえばパパ活の逆バージョンです。

男性必見!女性の間でよく聞くパパ活の正体を探ってみた

パパ活は女性が年上の男性を相手にしますが、ママ活はその逆。男性が年上の女性の相手をします。

女性をエスコートして良い気分になってもらい、その分、男性もプレゼントや食事に連れて行ってもらえるということを言います。

キャバクラへ行ったことがある男性ならば、キャバ嬢とのアフターを想像してください。

キャバクラで仲良くなったキャバ嬢ともっと一緒にいたい、そんなときはキャバクラの営業が終った後に、キャバ嬢とカラオケや食事へ行きます。

そして「アフターに付き合ってくれたお礼」として、男性客はキャバ嬢へご飯をおごったり、タクシー代を渡しますよね。

ママ活はいわば、ホストクラブで女性客(ママ)がホスト(あなた)とアフターをして、食事をおごってもらったり、プレゼントをもらうのと似たようなことです。

ママとなる女性と楽しいデートや食事、稀に肉体関係を持つことで、そのお礼として、何かをもらえたりします。

パパ活とママ活の違い

パパ活とママ活に、あまり違いはありません。

あえていうならば、パパ活は男性が主導権を握りやすいので肉体関係を結ぶ女性が多いのです。

しかし、ママ活のイニシアチブは女性です。

中には「お願いだから一度だけでも…」と肉体関係を結ぼうとする女性もいますが、大半は無理強いはありません。

ママ活の方が、男性は精神的にラクになる、おまけに相手が自分好みの女性であれば、なお美味しい体験ができるなど、良いこと尽くめといえるでしょう。

ママ活のやり方とは?

ママ活の方法はとても簡単。

ママになってくれる女性を見つけて、デートをするだけです。

ママ候補を見つけたら双方で色々な決め事をおこないます。

「どこで会うのか」、「何時に会うのか」など。

もちろん、実際に顔合わせをしてから、本当にママになってくれるのか、その女性とママ活をするか決めてもいいでしょう。

ママが見つかれば、あとはその女性の希望するデートをしてあげるだけ。

それだけで、双方とも楽しめるのです。

「この女性は金を持っているし、好みのタイプ」だと思えば、単発ではなく、月ごと会うのもアリです。

彼女とデートをするような感覚で、ママに接してあげるだけで色々と得することがあるのです。

ママ活を望む男女の出会いの場所はどこ?

ネットを使って出会う方法

ママ活をやりたいと思ったら、掲示板、サイトやアプリで、ママ活中の女性を探しましょう。

男性を求めているママ活女性は、ネットを利用していることが多いので、年上女性が多く登録している掲示板、サイトやアプリを使って探すことがおすすめです。

例えば積極的にママ活している、そしてお金を持っている30代~40代、50代の女性が多いマッチングアプリは「Poiboy」や「ハッピーメール」などです。

とくにPoiboyはママ活女性の間でも有名で、ここで若い男の子を探しています。

Poiboyでママを探すなら母性本能をくすぐるプロフを書いて、雰囲気の良い写メを載せましょう。

さらに、ママ活男性だとわかるようにアピールして書いておくことがおすすめです。

ママ活のことを姉活という女性もいるので、「お姉ちゃんが欲しいです」と書くのもいいでしょう。

その他、ママ活ができそうな場所、出会えそうな場所

ネット以外にも、実は恋活パーティーや婚活イベントなど、恋人がいない女性の集まる場所もおすすめです。

自分よりなるべく年上の女性が多いイベントに参加して、そこでお金を持っているのに仕事が忙しくて男がいない、モテない女性を見つけましょう。

恋愛するより年下男子を可愛がりたい、そんな年上女性ならば簡単にママになってくれます。

他にもキャリアウーマンの多いオフィス街にあるカフェでバイトをするのもおすすめです。

仕事が忙しすぎると街コンにも参加できない女性は、身近なところ、職場付近で癒しを探そうとします。

そんな女性と遭遇しやすいところにいることで、ママ候補の女性と出会えるのです。

癒しを求めるママ活したい女性

どうして女性は食事やプレゼントをしてまで、男子と一緒に居たがるのか。

それは寂しさ、虚しさを癒してほしいからです。

仕事が忙しくて結婚適齢期が過ぎてしまった、モテないから、などで恋人がいない女性は、男性との触れ合いを求めています。

でもホストクラブへ行くのは怖い、…かといって、関係が継続しそうなヒモ男は嫌だと思ったときにすがるのがママ活募集の男子なのです。

ママになる女性はママ活男子に対して、可愛い犬や猫のような癒しを求めていると考えられます。

そのためママ活男子に肉体関係を求めるママは少なく、「一緒にお話ししてくれるだけでいい」と些細なデートなどで、機嫌良く扱ってくれるのです。

楽に楽しめるママ活希望男子

ママ活をして、ママから良くしてもらう男性は、楽しんでママ活をしています。

ママは基本的にママ活男子を甘やかしてくれるので、チヤホヤされて気分も良くなる、こんな時間の使い方は他にはないでしょう。

おまけにママが自分の好みであれば、うまくいけば肉体関係を結ぶこともできます。

ママになる女性はお金持ちの人ばかりなので、綺麗な人が多いのです。

また、単純に、美人な年上女性がタイプだからママ活をしているという男性もいます。

逆援助交際 TOP

公開日:2018年3月9日

 

 - 実際に逆援助交際する場合